ここまできた!【アマノフーズ】フリーズドライのカツカレーが絶品!【画像たくさん】

こんにちは、ゆかり(@isonoyukari55)です。

先日、お昼ご飯にカツカレーを食べたのですが、めっちゃ美味しかったんです!

それが、ただのカツカレーじゃない!

フリーズドライのカツカレー!!

みそ汁やスープだったら、お湯もたっぷり入れるし、まぁなんとなく頭の中で美味しく作れるのは想像できます。

でも「カツ」ですよ?

真空冷凍(フリーズドライのこと)のカツをお湯でもどす??

カスカスしてるんじゃないの?(-。-)y-゜゜゜

いやいや、これが「元フリーズドライだった」ということすらわからない、本格派のカツカレーなんですよ!

ではその全貌をご覧ください。←ビフォーアフター風

パッケージと内容量と値段

おいしそうなカツカレーの写真が載っていますが、”写真はイメージです”としっかり書いてあります(笑)

本当に、これと同じようなカツカレーができるんかな?

ちなみにこの可愛いイラストのコックさんは、アマノフーズのフリーズドライ一筋30年の「匠」、開発担当の島村さんという方です。

アマノフーズ 公式オンラインショップはこちらから

商品の大きさは、よくあるフリーズドライのスープと比べると、3倍くらいあります。

とはいえ小さい(^^;)

これで本当に大人が食べて満足できる量があるのかな?と思いますが、裏の内容量を見ると、

  • カツカレー:1食分56g
  • スープ:1食分6g

なんと、カツカレーはスープの9倍くらいの量があります!

それなら満足できるかも…食べてみないとわからんけど(笑)

ちなみに気になるお値段は、1食600円です。
(販売は2個セットで1,200円)

「この56gが600円って高い!」と思ってしまいますが、ちょっと高級なレトルトカレーだって、500円くらいします。

だとすれば、もしこれが本当においしいカツの入ったカレーであれば、600円は全然高くないですよね?

ではさっそく、カツカレーを作ってみましょう。

作り方

作り方は裏面にも書いてありますが、

  1. 中身を広い容器に入れて、熱湯を140ml注ぐ
  2. とろみがつくまで約60秒軽くかき混ぜる
  3. ご飯にかける

の簡単3ステップ。

ご飯は別に用意する必要があります。

パッケージを開けて中身を取り出します。

袋の内側に小さな乾燥剤が貼り付けてありました。

スープには普通乾燥剤は付いてないので、やっぱり鶏肉が入っているから?

”広い器に入れて”と書いてあるので、イラストを見て、カレーのひと回りくらい大きい器で、カレーと同じくらいの高さがあるお皿に入れました。

そこに140mlのお湯を計って注ぎました。

結構お湯が少なくて、カレーが肩くらいまでしかお湯に浸かってないんだけど、大丈夫なんかな?

ジワ~っとお湯がカレー色になっていきます。

で、60秒「軽くかき混ぜる」のだけれど、適当に混ぜるとカツの衣(ころも)が剥(は)がれて大変なことになりそうなので、

カレーとカツを見極める!( ・`д・´)キッ

で、カツじゃないところを、恐る恐る小さいスプーンで混ぜる、というより切るように、時には肩にお湯をかけてあげたり。

それでも多少は崩れます(´Д`)

60秒やさしくイジイジして、ご飯にかけたらたら完成です☆


2018年8月26日 補足
カツの上にお湯を注ぐと、カツとカツがきれいに離れ、イジイジしなくても、きれいなカツカレーになりました。

実食

見た目にも美味しそうなカツカレーで、とてもこれが湯を注いだだけのフリーズドライだったなんて思えません。

混ぜるのに失敗して、衣が剥(は)がれているところもありますが、殆どのカツはそのままのカツらしい姿で残っています。

カツを食べると…

おいしーー♡本物のトリカツ!

全くスカスカしていません。

カレーに関しても、良い意味で普通に美味しいカレーです。

フリーズドライも、ついにここまできた!と思わざるを得ませんでした。

 

お鍋一つでレトルトカレーを簡単豪華な具だくさんカレーに!↓↓↓

手抜きじゃないよ!お鍋1つでごちそうレトルトカレー【画像たくさん】

2018.07.09

お味や感想

カツは4つにカットされていて、1切れの幅が2~3cmくらいかな?

お肉の厚みもあるので、食べごたえがあります。

カツカレーのパッケージ裏面には次のように書いてありました。

サクッと揚げた国産鶏の美味しさを味わえるように、甘めで食べやすい味付けのカレーに仕上げました。

カレーは”甘め”と書いてありますが、まぁまぁ辛いです。

私は中辛くらいの辛さが好きなので、逆に嬉しいです♡

カレーは本格的なスパイスの香りで、カツがなくても、立派にカレーだけで商品化できるくらい美味しいです。

欲をいうと、それだけ美味しいカレーなので、もう少しカレーの量を増やして欲しいな☆

それともう1つ良かった点は、カレーが胃にもたれなかったこと。

年齢のせいか、私はレトルトカレーや市販の箱のカレールウは胃がもたれやすいですが、このカレーは大丈夫でした。

元々カレーの量が少ないこともありますが、フリーズドライという製法は油脂をあまり使えないからなのでは?と思っています(調べてないよ)

原材料を見ると、”乾燥マッシュパウダー”との記載があるので、”小麦粉&油脂”でなく、マッシュパウダーで「とろみ」をつけているのかもしれませんね。


スポンサーリンク




カツカレーのお供にコールスローはいかがでしょうか?

このコールスローはなんと水で作れるんです!↓↓↓

さらに進化!【アマノフーズ】フリーズドライのコールスローは水でつくる!

2018.09.09

最後に

アマノフーズのフリーズドライ商品は、みそ汁やスープだけでなく、親子丼系やパスタ、にゅう麺(そうめん汁)などもあります。

私はアマノフーズの色々な種類のフリーズドライを食べましたが、何を食べても「これがフリーズドライ?!」と驚いてしまいます。

今回カツカレーを購入しましたが、

「フリーズドライでカツカレー?そんなこともできるんだ?おいしそう!」

と、思うと同時に

「さすがにカツはスカスカしてるだろう( ̄ー ̄)」

という意地悪な気持ちがあったのも確かです。

でも結果は、カツもカレーもフリーズドライとは思えない美味しさ!!

良い意味で期待を裏切られました♪

このカツカレーは数量限定だったので、今は販売されていませんが、この記事を書いている時点(2018年2月7日)では、『チキンカツの玉子とじ』を販売していましたよ。

こちらも数量限定なので、気になった方はお早めにどうぞ(^-^)

ゆかり
カツは十分なボリュームですが、カレーのルーがちょっと少なく感じました。

とは言っても、成人女性が食べて十分な量がありました(ご飯の量にもよるけど)。

カツもカレーもとっても美味しかったです!
星5つです!★★★★★

スポンサーリンク

Twitterやってます! フォローやシェアをしていただけると嬉しいです(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です