コインランドリーで靴専用洗濯機を使ったよ!汚れ落ちた?【画像たくさん】

こんにちは、靴を洗うのが嫌いな、ゆかり(@isonoyukari55)です。

そして、うちの子どもたちも靴を洗うのが嫌いです。

小学生にもなれば、自分の靴は自分で洗ってくれるといいのですが、なかなか洗おうとしません。

その気持ちはとてもわかります。

私も昔から嫌いでした。

嫌いというより、面倒っていうほうが近いかな?

それにしても上履きって学校の屋内で履くものなのに、どうしてこうも汚れるんでしょうねぇ、不思議です。

そんな私に朗報!

近くのコインランドリーに”靴専用の洗濯機”というものがあるらしいのです!

まずは上靴の汚れのチェック

それにしても専用の洗濯機で洗ったら、どれくらい汚れが落ちるんでしょうね?

所詮(しょせん)洗濯機、そんなに落ちるわけがない??

それともたわしでゴシゴシ洗うのに比べたたら劣るけど、結構キレイになるの??

ビフォーアフターを比べるため、洗濯前の上履きを写真を撮ってみました。

娘の上履き


4月に購入。ほぼ1年履いてます。

最近洗ったのはいつだっけ?1か月前くらい?

娘の上履きも息子のも上履きも、大体月1回くらいの頻度でしか洗っていません。

夏は汗をかくから、もうちょっと洗うかな??

息子の上履き


こちらも4月に購入。ほぼ1年です。

最近洗ったのは、娘のと同じく1か月前くらい?

習字で墨を落としてますねぇ。

落ちるかなぁ?

息子の体育館シューズ


これは3か月くらい前に購入。

最近購入したことに加え、体育館シューズは履く機会が少ないので、購入後1回も洗ったことがないのにキレイです。

洗ったら、もっとキレイになるのかな?

初対面!これが靴専用の洗濯機

さっそく土曜日に上履き3足を携えて、某コインランドリーに嬉々として行ってきました。

ここのところ毎日晴天だし、おまけにお昼の14時頃ということもあって、来訪者も稼働している機械もゼロ。

靴専用の洗濯機どころか、コインランドリー初来店の私はキョロキョロしっぱなしで、完全におのぼりさん状態です。

すると、乾燥機と洗濯機の間に、お目当てのものを発見!

下が靴専用の洗濯機で、上が靴乾燥機です。

洗濯機の大きさは小さめ。

洗濯機の蓋(ふた)の大きさが、ノートパソコンの蓋(ふた)の1.5倍くらいかな?

そして洗濯機の蓋(ふた)をあけると、

わ、毛がびっしり!!

洗濯機の中は毛の部分を除けば、普通の洗濯槽です。

よく見ると底にも短い毛のブラシが立っています。

それにしても、このEXILEのようにねじれている長い毛のブラシは期待できそう♡

この洗濯機の蓋(ふた)の裏側に、この洗濯機の使い方が書いてありました。

  1. 洗濯槽に他人の靴が入っていないか確認
  2. お金(200円)を投入
  3. 「洗濯槽シャワーボタン」を押す
  4. 靴を入れて蓋(ふた)を閉める
  5. 表示ランプが消えると運転終了
  6. 脱水が弱い時は「追加脱水ボタン」を押す

手順がシンプルで簡単なように思えますが、なんせ初めてなのでドキドキします。

お金を入れて洗濯槽のお掃除

先ほどの手順に従って、洗濯していきます。

まずは200円を投入します。

そして20秒以内に「洗濯槽シャワー」を押さないといけないらしいです。

手順を見る前にうっかりお金を入れてしまっていたら、絶対あたふたしていたわ。良かった~。

それにしても、この「洗濯槽シャワー」っていいですよね。

だって「前の人がドロドロのスニーカー洗っていたら嫌だな」と思っていましたもん、私。

といってもすすぎをしているから、洗濯槽の中がドロドロということはあり得ないのですが、気持ち的にやっぱり、ちょっと…ねぇ。

さっそく蓋(ふた)を閉めて「洗濯槽シャワー」ボタンをポチッとな。

水を流しながらの脱水が30秒続きます。

洗濯機で靴を洗う

さぁ、やっとここからが本番!

上履きを洗濯機に投入します。

確か子どもの靴は1度に4足まで洗うことができると書いてありました。

洗濯機の蓋(ふた)を閉めると、ザーっと水の入る音がしました。

まだ「ふたロック」がかかっていないので蓋(ふた)開けて見てると、水が落ちている下に洗剤泡ができています。

見えませんが、確かに洗剤も入っていることがわかりました。

再び蓋(ふた)を閉めると、「ふたロック」がかかりました。

ガタン、ゴットンと待つこと14分。

「ピーピー♪」と音がして蓋を開けると、キレイになった(見た目には変わらないけど)上履きができ上がっています。

しっかりと脱水したいので、追加脱水をすることにします。

説明書きのとおり靴底がを洗濯槽の中心になるように入れ直して「追加脱水ボタン」をポチッとな。

「ふたロック」がかかり、約2分間の追加脱水が始まります。

追加脱水は脱水後60分か次のコインが入るまで出来るそうなので、最初のシャワーボタンほど焦らなくて良かったです(^^;)


スポンサーリンク



靴を乾燥機にかける

天気は良いし、まだ土曜日だし、本当はこのまま靴を持って帰って家で干してもいいのですが、どのくらいの時間で乾くものなのか試してみることにしました。

20分100円なので、まぁとりあえず20分試してみましょう。

電子レンジのような箱の中に、靴を乾かすハンガー4本あります。

セットの仕方を見ると、大人の靴はそのまま差し込み(2本で1足分)、子どもの靴はハンガー1本に1足分を差せるようです。

ということで、靴をハンガーに差し込んでいくと、あれ?息子のだけで終わってしまいました。

…ん?

洗濯機のほうに書いてある注意書きをよく見ると、

19.5mc以下の靴のことを「子ども用」って言うのね。

だよねー(´Д`)

小学生っていっても、23cmは成人女性のサイズだもんねぇ、息子よ。

ということは、洗濯機も息子の靴2足分だけが適量だったのね、もう洗った後だけど。

仕方がないのでハンガーには息子の靴2足分を差し込み、娘の上履きは下の空きスペースに置きました。

20分後、乾燥が終わり取り出してみると、息子の靴は2足ともすっかり乾いて、娘のは湿ったままでした。←そりゃそうだ

汚れは落ちているのか検証

乾燥したほうが上履きは白くてキレイに見えるので、娘の上履きも日光で完全に乾燥させました。

洗濯・乾燥後の靴はこちら!↓↓↓


 

 

 
…。

よくわからないので、洗濯前・洗濯後の画像を並べて比べてみます。


 

 

 
洗濯前・洗濯後の採光が違うので、画像を見て「キレイになった」「キレイになっていない」を判断するのは難しいのですが、

正直な感想としては、

「少しキレイになった気がする」

です。

でも標準2足で洗濯機をまわすところに3足入れているし、そもそも既にすごく汚れが付いていたので、何とも言えません。

それに目に見える汚れはあまり落ちていないように思いますが、上履きにしみ込んだ汗や臭いは落ちているので、さっぱり清潔になっています。


スポンサーリンク



最後に

遊びから帰って来た息子に「コインランドリーで洗ってきたよ!どう?」と上履きを見せたところ、

「あー、正直あんまりかなー」

と言われました。

ほんと正直(笑)

そりゃ、たわしに洗剤を付けてゴシゴシした方が白いわよ(言っちゃった)

でも確かに多少は汚れが落ちています。

きっと、

  • 上履きが新品の状態で
  • 毎週か隔週くらいで洗濯機にかけて
  • 特に汚れが酷いところだけを時々たわしで擦り洗い

をすると、今よりラクで、ずーっと長い間キレイな白い状態をキープできるのではないかと思います。

それでも洗濯から乾燥までを300円(洗濯だけなら200円♪)でしてくれるなんて、私からすれば夢のような機械です。

母はこれからも頻繁に利用しますよ、絶対!

2018年6月4日 追記

あれから2か月半、上履きを洗濯機で洗う機会は訪れませんでした。

というのも、

中学生は上履きを持って帰らないっ!(泣)

たまたま金曜日に参観日があり、強制的に持って帰らせました(他のお母さんも同じことしてました。笑)

ということで、久しぶりにコインランドリーの洗濯機で、息子と娘の上履きを洗ってきました。


娘の上履きは4月に購入(足が大きくなった)。

約2か月履いて洗濯後の上履きです。

とってもキレイになりました。


息子の上履きは、小学校のときの体育館シューズをそのまま使用しています。

体育館シューズのときはあまり履かないのでキレイでしたが、上履きになってからは汚れ方が激しいです。

これでもキレイになっているんですけど、洗濯前の写真を撮るのを忘れました…。

結論:
 
結局キレイに履き続けるポイントは、
 
まめな洗濯!

いやホント、娘の上履きを見てそう思いました。

今回は上履きの洗濯は洗濯機のみで、家に帰って干したのですが「追加脱水(無料)」でしっかりと脱水できているからか、

いつもより断然乾きが早かったです!

200円で上履き2足が清潔キレイ!

くつ専用洗濯機は良い仕事をしてくれますよ、おススメです(^-^)


スポンサーリンク

Twitterやってます! フォローやシェアをしていただけると嬉しいです(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です